日本とは違うカナダのランチ ー Lunch Styles

日本とは違うカナダのランチ ー Lunch Styles

日本のお母さんが作るようなお弁当が、カナダのTVで紹介されていました。

思わず”日本のお弁当ー!”って叫んでしまいましたよ。

おにぎりにオカズ。久しぶりに日本らしいお弁当を見ましたね〜。

中国、韓国人の移民が増えたせいなのか、アジア、特に日本の物や食べ物が最近カナダのTVで紹介されるようになりました。

日本独特だった物が、北米でも段々と認められるようになってきて、日本人としてはとても嬉しいことです。

 

日本のお弁当箱も、デパートで売っているのを見ました。でもこっちの人はその容器を、お弁当用には使うとは思えないんですよね〜。

日本的なお弁当を持ってくる人は、私の働いている会社では見たことがないですね。

おかずとゴハンをちゃんと分けて、たまには焼き卵なんか入れたりして詰めて持ってくる人は、私しかいない…

アジア系カナダ人の友人の話では、彼女が子供の頃、お母さんが作ったアジア料理の入っているお弁当を学校に持って行くと、いつもクラスの子達に笑われたと言っていました。

もちろん会社では誰も私のお弁当が変とは言いませんけど、彼らが見たことがないおかずが入っていると、「それなーに?」って聞かれますけどね。

 

ではみんなランチに何を持ってくるかと言うと、会社の人が持ってくるランチは…

1 サンドイッチが圧倒的です。簡単に作れるから。

2 サラダ
ダイエット、健康ブームで特に女性に多いですねえ。

3 パスタ
会社はイタリア系が多いので、同僚は夕食の残りを持ってきます。

4 ご飯系を持ってくる人もいるけど、日本のご飯とはちょっと違いますね。ピラフみたいな感じかな。

Lunches to bring to work

外ではたまにしか食べに行かないですね。

行くとしたら、タイ料理、日本食、中華料理と色々です。カレーは食べないですね。スパイスが強すぎるのかな。

バッフェ式もみんな好きです。

レストランはチップとか払ったりして高いので、フードコートにも行きます。フードコートは自分達で好きなのが選べるから、どこに行こうかと揉めることがないので楽。

ファーストフードは、みんなでは行かないですねえ。一人でマクドナルドにランチを買いに行くと、「私のも買ってきてーっ」て頼まれることもありますけどね。

 

カナダでは大きなTV会社で契約社員として働いた時の話ですが、社員が持ってくるお弁当が頻繁に盗まれるということがありました。

会社の建物の中に社員用のカフェテリアがあって、そこには社員が使えるとても大きな冷蔵庫がありました。

ランチを持ってくる社員は、朝お弁当をその冷蔵庫の中に入れときますが、中に入れといたお弁当が突然消えてしまうという噂でした。

その噂通り、うちの部のマネージャーのランチも盗まれました。

TVのスタジオで働いている、パートタイムのスタッフの仕業ではないかと周りは言っていましたが。

「中身はいいから、容器だけでも返してほしいわ!」とムッとしながら言う彼女。まさか自分のお弁当が無くなるとは思っていなかったので、ちょっとショックみたいでしたよ。

私はその会社に1年半程いましたが、私のお弁当は1度も盗まれた事がありませんでした–;

 

マイハズや友達の話では、子供の頃は日本のような学校給食がなかったそうです。

子供達は毎日ランチを持参し、学校の近くに住んでいる子供は、ランチタイムは家に食べに帰ったそうです。

彼は毎日ピーナッツサンドイッチとリンゴを持って行きました。

ピーナッツサンドイッチだけで成長できるなんて… それに毎日同じものを食べてて飽きないのかなあ。

ハイスクールはカフェテリアがあるそうです。

私が行っていた大学内のカフェテリアは、ピザとか不健康のものしかなかったのを覚えています。

子供の肥満が今問題になっているので、健康の為に少しはメニューが変わったといいんだけど。

 

マイハズのお気に入りピーナツサンドイッチは、バナナをのせて食べるのです。エルビスプレスリーの大好物とか。

会社の同僚も、ピーナッツ&ジャムサンドイッチで育ったそうです。

ピーナツバターにベリージャムをつけるんですって。

これはまだ試したことがないので、いつか作ってみようと思っています。

 

Leave a Reply

avatar
error: Content is protected !!