ローカルバスに乗ったのですがー Taking the city bus

ローカルバスに乗ったのですがー Taking the city bus

3月になったというのに雪ばかり。

春が来る気配などまったくなく、今週は大雪で20cm以上の雪が積もりました。

雪が降った次の日、私はダウンタウンに行く用事があったので、いつもは車を使って行動すれけど今回は雪のためバスで行くことにしました。

私は雪道の運転が苦手なんです… 一応スノー/ウィンタータイヤ付けてるけど…

うちから市内に行くには直行の高速バスを使います。

Train

私はバスよりも鉄道のほうが好きなんですけどね。

鉄道の方がバスより速いし、中もゆったりとして、それに座席との間も広く2階建て。

でも鉄道は土日休日は運休で(信じられない)、平日もラッシュアワーの時刻にしか走っていないのです。それも1時間に1本。

自分がすごーい田舎に住んでいる気分になります…

家を出る時間が鉄道の走っていない時間帯だったので、マイハズに高速バスのバス停まで車で送ってもらい、そのバスで市内に行き、そこから地下鉄を使ってダウンタウンに行きました。

乗り換えが沢山あって面倒くさいけど、45分の間バスの中でノンビリできるからいいかな。

カナダは車社会のせいか、鉄道の発達がすごく遅れている気がするんですよね。

人口が増加して市内の外まで広がっているのに、交通手段はバスか地下鉄。それも地下鉄の線は2つだけで、その線も市内までしか通っていません。

Subway Map

地下鉄が少ないために市内を走っている公共バスは沢山あります。24時間走っているバスもあります。

チケットは、高速バスや鉄道は前もって販売機で購入しますが、市内のローカルバスは乗車する時にお金を払います。

料金は地下鉄、バス、両方使っても市内であれば一律。

バスの中には両替機がないので、ぴったりとした金額をもっていないと損をしますよ〜。

あと降車ボタンですが、昔は降車ボタンがボタンではなく紐だけでした。

Stop Request Button

カナダに来て初めてこのローカルバスに乗った時に、降車ボタンがなくてどうやって降ろしてもらうのかわからず、パニックになったことがあります。乗客が降りる時に窓にぶら下がっている黄色い紐(コード)を引っ張るのを見て、それが降車ボタンだと知りました。

今は日本のバスのようにボタンもあります。

そういえば日本でバスを使った時に、時間通りに来たのには驚きましたー。

日本に行った外国人が、バスや電車が時間通りにちゃんと来ることにびっくりしたという事をよく聞きますが、私も外国生活が長いためこっちの感覚に慣れてしまったせいか、その正確さに思わず“すごい ” と感嘆してしまいました。

日本で羽田空港から実家に帰る時に、電車ではなく高速バスを使って帰ることにしたのですが、

チケットカウンターに行ってチケットを買おうとしたら、バスか出発するまで5分しかありませんでした。

「5分しかないので、次の30分後のバスにして下さい」と言われたので、

“5分だったらまだ間に合うのに”と思いながら、バス乗り場に1分遅れて着いた時には、もうバスは行った後でした。

カナダの時刻表の時間は、出発時間ではなくバスが来る時間、バスがドアを開けて乗客からチケットを回収し始める時間なので、バスはだいたい5分ぐらい経ってから出発します。混んでいると10分〜15分になることも。

この(いい加減な?)カナダ感覚でいたために、私は日本で数回バスを逃したことがあります。

時刻表をチェックして間に合うだろうと思ってバス停に着いたのに、すでにバスが行ってしまったのには驚きでした。なぜならバスや電車が定刻通り(On Time)に来ることって、カナダではほとんど見ないですからね〜。

時刻表通りに到着して出発するなんて、カナダでは奇跡に近いのでは…?

Leave a Reply

avatar
error: Content is protected !!